忍者ブログ

[PR]

2017年11月22日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

メタボリックシンドローム検診3

2008年10月31日
検診で、メタボリックシンドローム予備軍と言われた人は「動機付け支援」ですが、メタボリックシンドロームと診断された場合には「積極的支援」を行います。動機付け支援だけでなく支援を継続し、行動目標を修正をはかりながらメタボリックシンドロームを改善します。初回面談で1人20分以上、グループなら8人以下で80分以上の時間をとり、「特定保健指導支援計画」を作成します。
対象者の行動をに合わせて、実現しやすい行動目標と行動計画を考えます。
期間は3ヶ月以上、定期的に支援していきます。

(1)積極的関与タイプ
行動計画の実施状況を確認し、実践的な指導を継続し中間評価も行います。
(2)励ましタイプ
ほめたり励ましたりしながら支援していきます。

どちらもポイント制になっていて電話支援で15ポイント、
メールで5ポイントが厚生労働省健康局で決定されています。
180ポイントになるまで支援を続けてもらいます。
6ヶ月後、行動目標が達成できたかどうか、生活習慣やメタボリックシンドロームが改善されたかなどを確認します。
PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: