忍者ブログ

[PR]

2017年06月24日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

メタボリックシンドロームの基準

2008年10月19日
メタボリックというのは「代謝」という意味で、
メタボリックシンドロームを日本語にすると代謝症候群と言います。
英語にしたあげくシンドロームなんてつけたら、
なんだかオシャレな響きになってない?
長いカタカナ言葉は苦手な日本人はメタボって呼ぶ事が多いですよね。
内臓脂肪型肥満の人が血糖値が高かったり、高脂血症、または高血圧を合併していることを
「メタボリックシンドローム」と呼びます。
動脈硬化や、さまざまな重症の病気を誘因する原因となります。
今までも肥満症、高血圧などの病気はありました。
近年、それは独立した病気ではなく、肥満、特に内臓に蓄積された内蔵脂肪型肥満が元となって
いろいろな病気に深く関係する事が分かってきました。

2006年には「メタボリックシンドローム」が流行語大賞にもなりました。
2008年4月から会社や地域で行われてきた健康診断が、
メタボリックシンドロームの予防と改善を目標に行われることになりました。
タボリックシンドローム診断基準検討委員会では、日本における診断基準を決定しました。
WHOやアメリカなどでも診断基準が設定されています。
国によって生活習慣や人種などの違いを考慮しています。

PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: